熟女マニアになってからスイートコールの楽しさが倍増した

スイートコールではもともと若い女とのテレフォンセックスや出会いを楽しんでいたのだけれども、最近、熟女の魅力に開眼してしまった。

いまでは、積極的に熟女を狙っている自分がいるほどで、少なくとも、いまのところは熟女とセックスすればするほど熟女にハマっていく自分がいる。

あまりにも若い女から遠ざかってしまうと少しばかり不安になる。この空前の熟女ブームは一体いつまで続くものやら、と懸念することもある。

だが、いまは先のことを考えるよりも目の前の熟女とのセックスを飽きるまで楽しんでいこうと決めた。ということで今回もスイートコールに電話をかけた次第である。

熟女マニアになってからスイートコールの楽しさが倍増した

コールと性交渉に応じてくれたのは四十代半ばのチアキさん。熟女マニアのとば口に立ったばかりで、性的に最も生き生きした時期にある自分としては、チアキさんの年齢を聞いただけで興奮して勃起してしまう。

自分は三十代のおっさんであり、もう決して若いとはいえない。少なくとも青年ではない。だから、まだまだ若いのだなどと勘違いして若い女の子などと遊んでいると、不意におっさんになってしまった現実をつきつけられて辛い気持ちになることがある。

ところが、テレクラでつながる熟女はほとんどが自分より年上だ。相対的な話でしかないかもしれないが、自分はテレクラの熟女と出会い、セックスをしているときだけは「自分はまだまだ若いのかもしれないな」という勘違いを持続させることができる。

実際、セックスをすることになる熟女は、私のことを「若造」だと思っており、若いエネルギーはやっぱりいいわね、なんて顔をしてフェラチオをしてくれる場合がほとんどだ。今回性交渉に成功したチアキさんもその例外ではなかった。

熟女マニアになってからスイートコールの楽しさが倍増した

ところで、熟女というのは、セックスで言いなりにさせるのが何よりも楽しい相手でもある。

自分よりかなり先に生まれている人生の大先輩をセックスで支配するという楽しみが、私を熟女マニアの道へと誘ったのかもしれない。

テレクラを利用するような熟女は、性的に従順なことも多い。だから、待ち合わせ場所までバイブ装着したままきてよ、なんていう無理難題をふっかけても、けっこう簡単に付き合ってくれる。

人生も残り少ないし楽しめることはそれが楽しめるうちになんでもやっておこうというSEX MOTTAINAI精神が、バイブをつけたままの外出や待ち合わせなんていう離れ業を容易に受け入れてくれるのだと思う。

言いつけどおり、チアキさんは本当に極太バイブを挿入(自分はなにも、そんなぶっといバイブをハメろなんて言ってなかったのに)したまま待ち合わせ場所に来てくれたのだし、それを外すことなく我が家まで移動していたのだからエロすぎてたまらない。

もちろん、即尺のフェラをしてくれてるときもバイブはハメっぱなしだし蠢きっぱなし。

熟女マニアになってからスイートコールの楽しさが倍増した

そもそも大前提としてテレクラを使っていること、バイブを持っているということ、そしてそのバイブが太すぎるという事実などをあわせれば、それは考えるまでもなく明らかなことだったんだけど、チアキさんはマジモンの変態だし淫乱だったというわけだ。

バイブを抜き取ったら抜き取ったで当然ながらマ○コが濡れてないはずもなく、歩きながら何回かイッちゃってたんじゃないかって疑うほどにビショビショ。

ほんの少しも穴がふさがっていないことに耐えられないって言わんばかりにヒクヒクとうごめく熟女マ○コを見て挿入欲を抑えられる熟女マニアは一人もいないのだから、チアキさんの熟女マンコの誘惑にさそわれるままにチ○コを挿入するしかない。

チ○コをマ○コに挿入したらあとはもう腰を前後させるしかない。腰を前後させたら、最高のタイミングで射精をするのみ。

様々な体位を試し、チアキさんのリアクションなども楽しみ、熟女セックスから引き出せるものは可能な限り引き出し、その快楽をどこまでも貪欲にすすることも忘れてはならない。

熟女マニアになってからスイートコールの楽しさが倍増した

ピストンという反復は単調だけれども、その単調さを単調なまま受け取るのではなく、どこまでも豊穣なものとして受け取らなければ、せっかくの熟女セックスが台無しだ。

自分は、熟女セックスに開眼するまでは「セックスは能動的に楽しむものだ」ということを知らなかったように思う。つまり、相手がわかくてかわいければセックスはおのずと勝手に気持ちよくなるだろう、なんて思い込んでいたのだ。愚かなことに。

熟女とのセックスにおいては、「この若さを失った肉体とするセックスをいいものにするにはどうしたらいいか」ということが課題として与えられた。

はじめはその課題に応えるのが難しく感じたし、若い女性とする受動的セックスのほうが楽だしいいじゃん、なんて考えていたけれども、目の前の熟女をセックスで支配し、チ○コでよがりくるわせて性的快楽を与える楽しさを知ってしまったら、もう受動的なセックスなんて退屈すぎて興味がなくなってしまった。

熟女を相手にしたセックスにおいては、ときおり、「とてもチ○コが勃つような相手じゃあないぞ」と感じるような熟女を相手にすることもあるのだが、能動的セックスという態度をつらぬけば、まあ、どんな熟女を相手にしても濃厚セックスができると思う。いまの自分にはそういう自信がある。

熟女マニアになってからスイートコールの楽しさが倍増した

ちなみに、今回のチアキさんは「チ○コが勃たない相手」ではなかったので、その点はだいぶ楽だった。楽だったぶん、「どうやって勃起するか」をすっ飛ばして、はじめから「どうやってセックスを楽しむか」という点をめぐって能動性を発揮できたので、それはかなり良かった。

「こんな熟女セックスを経験してしまったら、もう若い人に本当に興味を失ってしまうな」というような熟女セックスを提供してくれたチアキさんにはマジで感謝しかない。

その感謝の気持ちは、熟れてまもなく閉経するかもしれないマ○コのなかに放つ、チアキさんの残りの人生であと何回経験できるかわからない濃厚な膣内射精という形で伝えることしかできなかったのだし、膣内に精液を放たれながらあられもない嬌声をあげていたチアキさんの姿から判断するに、私の感謝の気持ちはちゃんと伝わっていたと思う。