ハニーラインのJDのド素人顔のスレンダーボディというアンバランスにフル勃起

ハニーラインのようなテレクラにおいて最も出会えて嬉しいのは、身体がエロい女の子だ。

身体の相性がよければ、顔のほうは、まあ、それなりであってもかまわない。もちろん、最低限のラインは超えていてほしいということは言うまでもないが。

顔面というのは、出会った瞬間に「おっ!」となるもので、顔に関する一喜一憂はそれほど長続きしない。
セックスという身体と身体のぶつかりあいになってからのほうがテレクラの女の子と過ごす時間はずっと長いのだ。

それに、身体の相性がいい女の子とのセックスを通して、その女の子に魅力を感じたならば、「あれ?」と思った顔も射精するころにはめちゃくちゃ愛おしい印象に変わっている。

ハニーラインのJDのド素人顔のスレンダーボディというアンバランスにフル勃起

ラブホテルから出るころには「こんなにかわいかったっけ」なんて言葉が漏れることだってあるくらいなのだから、何をおいてもとにかくセックスを楽しむことが肝要だ。

そういう点で、今回ハニーラインでつながってセックスに持ち込めたチヒロちゃんは、テレクラで出会いたい女の子のひとつの理想に到達していたと思う。

いまどきの女子大生にしてはちょっとダサいかな、という私服と「かわいい、のだろうか?」と言いよどんでしまうようなちょっと地味めな顔面は、チヒロちゃんという女の子の素人感を強める美点でしかなかった。

そんな素人顔の首から下が、極上のスタイルのスレンダー美女のそれなのだから、そのアンバランスに性欲もそそられようというもの。

それに、これがテレクラで出会う女の子として何よりも重要なのだが、チヒロちゃんはとてもきさくで明るい子で、セックスというものを心のそこから楽しんでくれる女の子でもあった。

ハニーラインのJDのド素人顔のスレンダーボディというアンバランスにフル勃起

つまり、理想的すぎて何も言うことがないってこと。そこには極上のテレクラセックスがあって、一秒たりともこの快楽の時間を手放したくないという気持ちにばかりなる若い肉体との接触と交合があり、これ以上は考えられないような濃厚な射精とエクスタシーがあった。ただそれだけ。

ただそれだけのことがテレクラにおいては何よりも幸せだということは、一度でもテレクラで素人の女の子とセックスしたことある人にならわかってもらえるはず。

もしわからないというのなら、いますぐテレクラで素人女性とセックスをしたほうがいい。射精と同時に「あ、これか!」ってなることは間違いない。

で、チヒロちゃんなんだけど、とにかく感度が抜群で、感じてるときの顔がいちばんかわいくて魅力的、というタイプの女の子だった。

だから、セックスが終わるころにはすっかり好きになっちゃってる自分がいた。でも、それはセックスを通した「好き」でしかないから、付き合うとかはない。セフレにはなってもらったけど。

ハニーラインのJDのド素人顔のスレンダーボディというアンバランスにフル勃起

チヒロちゃんの顔から下はスレンダー美人という肉体は、ずっと触っていたいと思わせてくれる肌の質感があまりに魅力的だった。

ああ、ずっとさすっていたいなあ、という素直な気持ちがそのまま愛撫になってチヒロちゃんに刺激を与え、また、その手触りから伝わってくる体温によって自分もゆるやかに穏やかに勃起している。

その触り心地に負けないような口内の感触もたまらないものがあって、チヒロちゃんにフェラチオされながら胸や太ももを触っているときは、この時間が永遠に続けばいいと願ったほど。

射精と同時にプレイが終わってしまうのであれば、射精なんてなくてもいい、ずっとチヒロちゃんの口の感触に包まれながら、こうしてチヒロちゃんの肉体をさすりつづけていたい、という欲望も、しかし、チヒロちゃんの濡れそぼったマ○コを見てしまうともろくも崩れ去る。

永遠の愛撫か一瞬の射精かを選ばなければいけないタイミングがテレクラを使う男には必ず訪れるのだけれども、チヒロちゃんの濡れ濡れマ○コのなかに指を突っ込んで激しく手マンを施しながら、チヒロちゃんの溢れ出る愛液で指先をお風呂上がりみたいにシナシナにさせているときに、そのタイミングはきた。

射精だ。それが一瞬の快楽であっても、自分は射精をしなければならない。もちろん、その射精はチヒロちゃんの膣内でなければならないだろう。

ハニーラインのJDのド素人顔のスレンダーボディというアンバランスにフル勃起

この考えが頭によぎるやいなや、自分はごろりと横たわって勃起したチ○コを天にむかってつきたてた。

愛撫を通してチヒロちゃんとの意思疎通は完璧になっていたので、自分からは何も言っていないのにチヒロちゃんはチ○コを片手でおさえて自分のマ○コにあてがってくれた。

それから、首から下はスレンダー美人のチヒロちゃんは、自分の体重を利用してゆっくりと、しかし、確実に、自分のマ○コのなかにチ○コを挿入していく。

合一の瞬間、脳に電撃的快楽が走り抜ける。そして即座に悟る。この女の子のマ○コとチ○コの相性が最高であるということを。

騎乗位の姿勢で下から激しく突きたてるたびに、チヒロちゃんも、自分のマ○コにチ○コが見事にフィットするという感覚を抱いていたことは疑う余地もない。

ハニーラインのJDのド素人顔のスレンダーボディというアンバランスにフル勃起

私は下から腰を突き上げるように前後させ、チヒロちゃんはスクワットをするように自らの腰を上下させる。またしても永遠と一瞬の主題が頭をよぎる。このまま射精せずにピストンを続けていたほうが、私達は幸福なのではないか?

無限ピストンか射精かという悩みは度重なる寸止めピストンという躊躇とともに考え抜かれたが、この悩みは結局のところ濃厚膣内射精という結論だけを導き出すと相場が決まっている。

いくら永遠を望んだとしても射精を避けることはできないのだ。それに、素人女子大生の膣内に向けた射精というほとばしる一瞬の快楽なかにこそ永遠が宿っているということもまた確か。

あらかじめこうすることが決まっていたとしか思えない膣内射精と同時に、私の身体の上にまたがって激しく腰をふりつづけていたチヒロちゃんも絶頂に達し、ふたりの宇宙的合一を超えて、チ○コとマ○コがはなればなれになってしまったとき、絶頂の余韻で喘ぎながら荒い息を整えているチヒロちゃんは最初に出会ったときよりもずっとかわいく愛しい存在になっていた。